2022/04/09

口の開け方チェック!開けると歌いにくい場合は何かが違うのかも!?


「もうちょっと口開けて~」と言われて大きく開けると、余計に喉が締ったり力みが出るように感じる人はいますか?

もしかしたら開け方の問題かもしれないです。

こんにちは!本気のあなたに本気で応えるトレーナー、Chiikoです♪

LINE登録歓迎♪♪
友だち追加


ちょっとお知らせをはさんでから本題に行きますね。
先月も開催された、Remiさんのゴスペルワークショップ
来週16日(土)にまたあります。
14時から代々木公園。参加したい人いるかな?いたらSNSか公式LINEで連絡くださいね。
Remiさんに直接コンタクトしてもらっても大丈夫です。
※野外開催のため、雨天の場合は日程変更かキャンセルとなるかもしれません。


さて、本題の口の開け方なんですが・・・

歌う時って必ずしも、グワーっと大きく口を開けなくてもかまいません。
指2本分ぐらいで良いって言われていますね。

2022/03/25

ベルティングに近い人と遠い人(3)発声の時の意識ってどうなってる?

今日お話しすることは、ベルティングに限らず、ってところかもしれません。

ベルティングに近い人・遠い人、というテーマで、シリーズで書いています。>第1回 >第2回

この3回目も、あなたのベルティング習得の助けになれば幸いです。


こんにちは!本気のあなたに本気で応えるトレーナー、Chiikoです♪
LINE登録歓迎♪♪
友だち追加



第1回は「ためらわずに大声が出せますか?」
第2回は「歌を歌わずに話せますか?」
という質問をしましたね。

今回はこれを質問してみましょう。

Q3)発声のとき、意識ってどこに向いていますか?

細部まで意識をして、声が上手く出る条件を揃えようとしていますか?

お腹はこうやって、姿勢はこうで、声帯はこんなふうに当てて、口はこう開けて...
って、気を付けてやっていますか?

もしあなたが、そういったことにすっごく気を付けて発声しようとしていたら
ベルティングから遠ざかっている可能性があります。

「ベルティングみたいに難しい発声は、色々とテクニックが必要ではないの!?」と
意外に思われる方もいるかもしれませんね。

実は、ベルティングをするにあたって「技術の知識」が邪魔になることがあるんです。あ

ここで言う「技術の知識」は、「技術があること」ではなく「技術について知ってること」です。

例えばバスケットボールのシュート。

「シュートが入る方法!」ということで、姿勢はこうで膝はこんなふうにまげて、右腕はこうで目線はこうで~~とか、色々「お手本のような打ち方」はあると思うんです。
(私はバスケ全然ダメなのでよくわかりませんが)

そういう「技術の知識」を手に入れて、「良し!それに気を付けてやるぞ!」と思ったところで、シュートが百発百中にはならないことはわかりますよね。

人間って、細かいところに意識が向けば向くほど、体がバラバラになってしまいませんか?

色々気を付けようとした結果、歯車が全然噛み合わない!って...

だからほら、漫画スラムダンクでは主人公の桜木花道が気を付けたことってとてもシンプルだったんですよね。

「左手はそえるだけ...」←知らない人は漫画読んでください!笑


そう、声を出すときもそうなんです。

お腹はこうして姿勢はこうして喉はこうして声帯はこうやって当てて口はこうして...
って細かいところに意識が向けば向くほど、歯車バラバラになっていくんです。

ベルティングって気持ちだけでは無理で、やはり技術が必要な部分もあるのですが
逆に技術部分だけ再現しようとあれこれ頑張っても、声ってうまく出ないんです。

だから、ほんとに「左手はそえるだけ...」レベルの超シンプルなことをやります。

発声のとき、意識は超シンプルに。

あれこれ「技術の知識」だけ詰め込んできた人は、ベルティングに遠ざかっているかもしれません。

というか、これはもうベルティングに限らず、発声全体に言えることですね。
今は「○○ボイスの出し方」のような情報って山ほど無料で手に入ります。
だから、たくさん仕入れている人が多いです。

その頭の中にインプットしたたくさんの「技術の知識」
逆に体のコントロールをぎこちなくさせている可能性がある、ということ。

シンプルにいきましょう!

では次回もお楽しみに♪

🔸レッスンについて🔸
2022年3月25日現在、コースレッスンの受付を一時休止しております。
単発レッスンは変わらず受け付けております。
コースレッスンも近日中にお知らせいたします!!
LINEやInstagramフォローをお願いいたします♪
↓  ↓
🔸公式LINE登録大歓迎🔸
登録特典:発音レクチャー動画
お得なレッスン情報なども時々お送りしております。
あんまり頻繁には送っていませんので(笑)良かったらご登録くださいね!
友だち追加

各SNSやブログにもLINEから一発でアクセスできるようになっています。

2022/03/15

ベルティングに近い人と遠い人(2)あなたはコレを手放せますか?


ベルティング習得に近い人ってどんな人でしょう?

「音程を正確にとれる」ことや「高い声を出す」ことができても、ベルティングに近い位置にいる、とは限りません。 

前回から少しシリーズにしようかなと書いています。>前回

今回は2回目。これもまた、あなたのベルティング習得のヒントになれば嬉しいです。


こんにちは!本気のあなたに本気で応えるトレーナー、Chiikoです♪
LINE登録歓迎♪♪
友だち追加



前回は「ためらわずに大きな声を出せるか」がポイントでした。

できる人には何でもないことなんですが、
レッスンで初めてやっていただくと、半分ぐらいの人ができないんですよ。

さぁ、今回は第2回目。
ベルティングに近いか遠いかがわかる、次の質問を考えてみてください・

2022/03/12

ベルティングに近い人と遠い人(1)これ苦手な人はイメトレしよう


そもそもベルティングに近い人と遠い人がいる

って言ったら、あなたはどう思いますか?


こんにちは!本気のあなたに本気で応えるトレーナーChiikoです♪
LINE登録歓迎♪♪
友だち追加


力強い響きのベルティング、憧れる人は多いですよね。

レッスンにも、「ベルティング発声を教えてほしい」と来られるかたが多いです。

そのベルティングに、近い人と遠い人がいるんです。

2022/03/08

あるがままで歌う ~RemiさんゴスペルWSのお誘い~


もやもや考えてたんですよ。

自分のことも、他人もことも、世界のことも。

なんでこう、ままならないのかなーとか
なんで全員がすっと幸せになれないのかなーとか
もやもやもやもやしてたら

急にこの歌を歌いたくなりました。




Let it be.  

あるがまま、なすがまま。

だから、あるがままに歌ってみました。

ちょっと歌詞あまがみしたり、音も少し外したところもあるけど
心の向くままに歌ってみた Let it be.

なんか久しぶりに良い歌が歌えたな~って思いました。

難しいフェイクもなければ、ベルティングもしていない。
ただただ、「私の声」で歌う...

そしたら

私の敬愛する平野友子先生が

「本当に美しい声💓好きだなぁ」って

コメントくださったんですよね。嬉しかったです。


皆さんは、あるがままに歌えていますか?

LINEでもお伝えしたのですが

今月19日(土)の14時~
代々木公園でゴスペルのワークショップがあります。

前にコラボした Remiさんが主宰するWSです。

RemiさんはNYのグラミー賞受賞のクワイアにも所属していた、本場を知る人!
心からゴスペルを歌う体験を一緒に、いかがですか?

参加したい人は、Remiさんか、私にご連絡くださいね。

★公式LINE登録大歓迎★
↓  ↓
友だち追加

インスタやブログにすぐアクセスできます!
時々お得なレッスン情報も♪

ではでは!

2022/03/03

誰でもできる!一瞬で喉をリラックスさせる方法


喉が開く、お腹で息をする、ってどういう感じ?

ボイトレではこういった言葉をよく使いますが、実際にそれってどういう感覚!?っていうものも多いですよね。

実際に自分が感じる体感や、目に見えない体の中のことを言葉で伝えるのは、難しいです。
だからみんな「これで合ってる?」って訊きたくなっちゃうんですよね。

こんにちは!本気のあなたに本気で応えるトレーナー、Chiikoです♪
↓  ↓
友だち追加

今日は、喉がリラックスした、理想的な状態を一瞬で作れる方法をお伝えします。

先ほども言ったように、言葉で伝えるのは難しいのですが
なるべくみんなが共有できそうなやり方を書いてみようと思います。

やり方は簡単!

素早く息を吸い込んでください。

ゆっくり細くではなく、びっくりした時のように一度にハッ!と吸うんです。

そうすると、口の中の空間や喉の空間が開くのが分かると思います。

その状態で歌えると、非常にリラックスした喉で歌えていることになります。

喉ぼとけは少し下がるので、高音を地声ベースで出すのはキツくなりますが
基礎構築ができている人は100%ゴリゴリの地声でなく、混ぜていけると思うので
その状態でも、ある程度地声感を保った良い高音が出せるのではないでしょうか。

たぶん、ハッと吸い込んだとき、同時にお腹の真ん中のほうにも、クッと圧がかかると思うんです。
わざと力を入れてかけるんじゃなくて、自然とかかる感じ。
それもキープしたまま声を出してみてくださいね。

どうでしょうか、皆さんできたでしょうか?

やっぱり体感は人それぞれの感じ方に差があるので、やってみても違うかな~と思ったら、あなたには違うアプローチが合っているのかもしれません。

自分の感覚を大事にね!

ではでは!


🔸レッスンについて🔸
2022年3月3日現在、コースレッスンの受付を一時休止しております。
単発レッスンは変わらず受け付けております。

🔸公式LINE登録大歓迎🔸
登録特典:発音レクチャー動画
お得なレッスン情報なども時々お送りしております。
あんまり頻繁には送っていませんので(笑)良かったらご登録くださいね!
友だち追加

各SNSやブログにもLINEから一発でアクセスできるようになっています。

2022/03/01

お知らせ:ベルティングコース新規受付の一時休止をいたします


 

皆さんこんにちは。Chiikoです。


インスタや公式LINEではすでにお知らせしておりますが

2022年3月1日より、コースレッスンの新規受付を一時停止いたします。


現在の受講生の方と、単発レッスンは、変わらず受け付けております^^


現在、新しいレッスンのカリキュラム、レッスンの形を構築中です。

この1年弱、学んできたことをドカっと盛り込んでいきたいと思っています。

ブログの更新やらしていない間に、けっこうね、実は色々勉強したんですよ。


SNS等を通じて知り合った

尊敬するボイストレーナーさんたちや特定分野の先生たちがいらして

色々とお話をさせてもらったり、一緒に歌ったり、実際にレッスンを受けてみたりもして

それぞれから大切な学びを得ることができました。


それで、ボイストレーニング業界での横のつながりがすっごい増えたんですよ♪♪

お互い自分のメソッドがありつつも、尊敬・尊重しあっていて、

勉強熱心で、ボイトレ業界みんなで良くなりたいっていう気持ちの大きい方ばかりと知り合えて、本当に嬉しいんです。

ボイストレーナーって、別に敵味方がいるわけじゃないし、孤軍奮闘する必要もないんだって。


で、3年前、2年前、1年前の私が知らなかったことも今は知っているし

できなかったこともできるようになっているし

私って、もっともっと自由でいいんだな~って思えるようになってきました。


自分をアップグレードしていく中で

そして「本当に生徒さんに提供しなければいけないもの」が少し変わってきた気がします。


2021年はちょっとね、正直迷子なところもあって...。


でもなんか今、色々見えてきそうな気がしているんです。


だから、少しお時間くださいね。

今後は、より「あなたの目的・目標」に合ったレッスンを展開する予定です。


再開はそう遠くはありません。

楽しみに待ってていただけると嬉しいです♪♪

ブログやSNSやLINEの発信は変わらずやっていきますので、ぜひフォローお願いいたします!

🔹公式LINEはこちらから!

友だち追加

公式LINEのメニューボタンから、
インスタ、ブログ、YouTube、HPにもすぐアクセスできます♪