2020/11/18

ストローの効果



こんにちは、Chiikoです。

今日はおうちでお仕事デー。
昼間にリビングで歌の練習をしました。
お隣さんがご在宅かもしれないので
ウォームアップの後
本気の発声は10分未満!
今のところまだクレームは来ていません(笑)

今日のように短時間で済ませるときには
高音を使う曲のサビだけどんどん歌って
ひっかかる所だけ発声の調整をしていきます。

今日歌ってたのは~・・・
Never Enough ←最初にこれ(笑)
I Have Nothing
紅蓮華
Alright!!
この4つ。サビだけね。

今日はなんだかいつもより
音の高さが体感で1度2度低く感じました。
ピッチが低く感じるのではなく
「これけっこう高いはずの音なのに
なんか普通やなぁ・・・」って感じです。

ちょっとした調子の変化で
音の感じ方や発声の感触って変わりますね。

今日はいつもより調子よかったのかな!

で、本気の発声は短時間で済ませて
あとはストローで練習!!

ストロー練習については度々書いてますし
生徒さんにもおすすめして
日常的に練習に入れていただいてます。

先日もLINEサポートで
「ストローで歌ってから、外して歌ったら楽!」
と感想が送られてきました。
この生徒さん、ストローの効果を
めっちゃ適確に分析されてて私も感心!

ストローを使っての練習方法は簡単です。
ペットボトルに少し水を入れて
ストローをさしてぶくぶくさせながら歌います。

発声スケールをやってもいいし
歌を歌ってもいいです。

あまりに呼気が強いと水が跳ねあがって溢れます。
なるべくそうならないように
適度に抵抗を感じながら歌えるとOKです。

高音のサビになると怒鳴り声になる人や
「息を吐きすぎだね~」って言われる人は
ストローで歌って
大声になりすぎない感覚をつかんでください。

あと、お腹~下腹部のサポートの感覚
なかなかつかめないぞって人にも
ストローはおすすめですよ。

ストローを吹きながら歌うと
けっこうお腹~下腹部にグっときます。
逆にこれでグっとこなかったら
息の使い方を改善しないといけないと思います。

適度な抵抗感とお腹の中のサポートを感じて
その後ストローを外してやってみると
「あれ!?なんかいい感じ!」

もちろん、30秒じゃだめですし
1日やっただけでもだめですよ。
これも続けていくことが大切です。
だまされたと思って続けてみ~!

音も大きくならない練習なので
家でも夜でもやれるし、おすすめですよ。

それではまた!

-----------------------------------------
★リベルティングコースと洋楽発音コース
・ベルティング習得したい方
・歌に本気で取り組みたい方

★LINE公式アカウント
・登録特典(発音ビデオ)
・LINEからお問い合わせ可能
・お役立ち週1コラムLINE Tuesday

------------------------------------------
リベルティング発声法日本公式ライセンシー
ベルティングボイストレーナー
Chiiko

Sing with Chiiko
リベルティング発声法と洋楽発音トレーニング
REBELTING Method and English Pronunciation Training