2020/11/02

喉のコンディショニング



こんにちは、Chiikoです。

今日のレッスンでは
喉のコンディションの話になりました。

その生徒さんは
いつもパワフルでかっこいいベルトを
聞かせてくれる方なのですが
今日は普段よりも低い音で苦しくなり
声帯もぴったり合わないような声。

聞いてみるとここ数日は
少し風邪気味とのことでした。
大きな風邪の症状は無いものの
歌の練習をしてみると
喉には少し影響が出ていることがわかりました。
喋るときにそんなに違和感がなくても
やはり歌は声帯を繊細に使うので
影響が表れてしまうんでしょうね。


普段から体調や喉のコンディションを
健康に保って整えておくこと
歌の練習をする上でも大事ですね。

特にベルティングボイスは
声帯をしっかり合わせて使い、
かつ、間違った使い方をすると
張り上げて声帯を傷めかねない発声。
ちゃんとできるようになるまでは
慎重に練習すべき部分もあります。

前にも書きましたが
私は練習の初期のころ
少し風邪気味の状態で
無理に全力ベルトの練習を続けて
酷い声帯炎になりました。
(まだベルトも下手だったので)

そこからは喉のコンディションに
より一層気を付けるようになりました。

技を習得しようとしても
それを使う体がガタガタでは
うまく使えないことは
きっとどんな運動や楽器演奏においても
同じだと思います。

特に、歌う者にとって
喉・声帯は楽器の要の部分。
しっかりとお手入れをしていきましょう!

私の場合は、
タンパク質とビタミンをしっかり摂り
喉・鼻の乾燥対策をしっかりしています。



とは言え、人間だもの、
誰だって調子が悪くなることはあります。
なってしまったらしょうがない!
誰にでもあるのだから、自分を責めないようにね。

そしたら、悪くなりすぎる前に
早めに手をうっていきましょう。

私の場合は
ちょっとでもイガイガ系を感じたら
ビタミンをいつもより多くとり
「のどミスト」をしてから寝ます。

だいたい次の日にはOK!に戻ります。

ほんとに
ちょ~っとでも異常を感じたらやってます。
咳や鼻水が出てからでは、基本、遅いです。

通常風邪は、鼻の奥のほう
喉の上のほうから始まり
だんだんと下に降りてきて
咳やら鼻水につながるので
そうなる前に叩く!!!!のです。

ということで

まずは普段から健康キープに気を配る!
ちょっとでも異常を感じたら早く対策する!

体という楽器をしっかりメンテして
練習の効果を最大限に上げていきましょう!

ではまた!
-----------------------------------------
★リベルティングコースと洋楽発音コース
・ベルティング習得したい方
・歌に本気で取り組みたい方

★LINE公式アカウント
・登録特典(発音ビデオ)
・LINEからお問い合わせ可能
・お役立ち週1コラムLINE Tuesday

------------------------------------------
リベルティング発声法日本公式ライセンシー
ベルティングボイストレーナー
Chiiko

Sing with Chiiko
リベルティング発声法と洋楽発音トレーニング
REBELTING Method and English Pronunciation Training