2020/11/28

鏡を見てみよう



こんにちは、Chiikoです。

今日は歌を歌いましたか?
私はライブだったので
たくさん歌ってきました♪

自主練をしていた皆さんは
どんな場所で練習しましたか?
家?スタジオ?公園?

色々な練習場所がありますが
鏡で自分を見ながら練習できる機会って
どのくらいあるでしょう?

今回はそんなお話です。


自分の歌ってる姿を見るのって
ちょっと気恥しいというか
あんまり直視できないことが多いですよね。

(そんなことない!オレは歌ってるオレの顔が大好き!という人はそれでOKです笑)

でも、実は
練習のとき自分の姿を
確認することは大切です。

かっこいい顔で歌えているかチェック!

ではなく(笑)

歌いにくい姿勢になっていないか、です。

では、歌の練習のとき
以下の姿勢を鏡や動画で確認してみてください。

(1)猫背になってない?

これ私なんですがけっこう猫背気味で
胸が閉じすぎると息もすいにくいし
結果的に歌いにくいです。
リラックスするのは良いことだけど
猫背はダメダメ~。

(2)胸張りすぎてない?

猫背がだめなら、
オードリー春日さんのように
胸をグーンと張ってみよう!ってやっちゃうと
これはこれで歌いにくいです。
変に首や肩に力が入っちゃうし
空気も吸いにくいです。

(3)首と顎が前に出てない?

高い声を出すときに
首が前に行くのはダメ。
一度やってみるとわかります。
首から顎を前に突き出すと
全然声が出なくなります。

まずこのあたりを目視で確認してみましょう。
力みが入ってくるときは
だいたい姿勢も変になってることが多いです。

じゃぁどんな姿勢がいいのか?

私はそんなに「この姿勢で歌わなければならない!」
というこだわりは持っていないのです。
歌うときはのけぞったり横向いたりもしますし。

でもやはり、声が出しやすい姿勢はあります。

足の裏から頭の先までまっすぐ。
お尻を突き出さず、お腹を出さず、
顎が前に出ていなくて
頭が首の上にすとんとのっかた姿勢。

まっすぐにしようと
体に力を入れるのではなく
なんとなくすとんと
頭ー首ー腰ー足
が上から縦に落ちて乗っかるような
そんなイメージです。

自分の姿勢が良いか悪いかって
鏡で見るまではあまり気づかないんですよね。

だから練習するときは
時々でもいいので
鏡のあるところで歌ってみてください。

自分の変な癖なんかも見つかるかも。

それではまた!

-----------------------------------------
★リベルティングコースと洋楽発音コース
・ベルティング習得したい方
・歌に本気で取り組みたい方

★LINE公式アカウント
・登録特典(発音ビデオ)
・LINEからお問い合わせ可能
・お役立ち週1コラムLINE Tuesday
-----------------------------------------
リベルティング発声法日本公式ライセンシー
ベルティングボイストレーナー
Chiiko

Sing with Chiiko
リベルティング発声法と洋楽発音トレーニング
REBELTING Method and English Pronunciation Training