2020/11/29

人生は半分以上終わってるかもしれないが...



こんにちは、Chiikoです。

今日は自分についてふか~く考える時間を経験して
今も、昔の自分に思いを馳せていたところです。

皆さんは小さい頃、何になりたかったですか?

今はどんな自分ですか?

なりたかった自分と今の自分は同じですか?それとも違いますか?

まぁたぶん発声とか関係ない話になるけどたまにはいいよね。
今日は私の話です。



私の覚えている限りでは
私の最初の「将来の夢」は「喫茶店のウェイトレスさん」でした。

銀色のおぼんを持って、ちょっとヒラリとしたエプロンをつけて
コーヒーとか出すのに憧れて・・・。

この夢はたぶん幼稚園とか小1とかそんなぐらいかなあ。

その後も色々な夢を持ちました。

ピアニストになりたい。

ピアノの先生になりたい。

お医者さんになりたい。

(お嫁さんになりたい、は言ったことがないのが私らしいというか笑)

で、大きくなってくると、
現実の自分と夢の距離感をしっかり感じるようになるんですよね。

だから

「1日何時間もピアノの練習・・・できないわぁ・・・。ピアニストむり~」

「え、医学部受験、厳しすぎるわ・・・医学部むり~」

みたいな、「できないこと」や「たいへんなこと」を目の当たりにして
夢と現実の距離感に恐れおののき、その果てしなさに苦しくなって、
「別のなりたい自分」を見つけて、鞍替えを繰り返してきました。

そして、だんだん夢と現実の距離感が近いものを
「夢」として「選ぶ」ようになった気がします。

まぁだからそれって・・・もはや夢じゃなくて、選び取った現実なんですよね。

だから、結果的に、私は夢をかなえていたようで、全然かなえてなくて
相変わらず「~だったらいいのになぁ・・・でもできない」「~~したいなぁ・・・でもたいへんそう、やめよう」を繰り返していました。


"それ、違うやん”


って気づいたのは、お恥ずかしい話ながら、35過ぎてからです。

「なりたい自分、実現したい将来」に自分を近づけることを覚えたのは、本当に最近のことです。

もちろん、なりたい自分と、現実の自分との距離感に悩むことは、今でもあります。

でも昔とは違って、今はその距離間に恐れおののいたりは。しないかな。

なんとかやってやるぜ!と思っています。
お金も時間もかかりますし、大変なことも多いですし、勉強や練習は不可欠です。

私の人生はもう半分以上終わっているのかもしれませんが、
そんな生き方を続けていきたいと思っているのです。

あなたの毎日は、夢は、これからは、いかがですか?

-----------------------------------------
★リベルティングコースと洋楽発音コース
・ベルティング習得したい方
・歌に本気で取り組みたい方

★LINE公式アカウント
・登録特典(発音ビデオ)
・LINEからお問い合わせ可能
・お役立ち週1コラムLINE Tuesday
-----------------------------------------
リベルティング発声法日本公式ライセンシー
ベルティングボイストレーナー
Chiiko

Sing with Chiiko
リベルティング発声法と洋楽発音トレーニング
REBELTING Method and English Pronunciation Training