2020/12/02

合格しました!



こんにちは、Chiikoです。

毎週火曜日にLINEで
コラムをお届けしています。
昨日で13回目でした。
「すごく参考になります」とか
「面白い!今度やってみます」とか
けっこう嬉しい感想もいただいている
この LINE Tuesdayコラム
ブログには書いてないことも
送ったりしていますので、
良かったら登録してくださいね。

さて、今日は朝から嬉しいお知らせが。
英語を教えている高3の女の子から
「(大学に)合格しました!」
LINEがきたんです。


この時期なので、もちろん推薦入試です。
高校から推薦してもらう枠をとって
第一志望の大学を受けていました。

高校からその大学へ推薦してもらえるのは1人だけ。

ですから彼女は同級生の子たちと競い
勝ち残ってその推薦枠をとったんですね。
で、その上で大学の面接試験を受けて
見事、今日、合格を報告してくれたんです。

最初は、定期テストの成績がふるわず
英語は真ん中よりちょっと上くらい。
なかなか欲しい成績に届かなかったんです。

ですが、高2の冬のテストからは
英語ではクラス1位や学年1位を連発。
当然、英語は最高の成績でした。

なぜ彼女が大躍進できたかというと...

私が教えたから!エッヘン!...ではなく!(笑)

彼女自身が、
なぜ勉強するかを明確にし
何をすればいいかがわかり
それを確実に実行したから、
なんです。

高2や高3ともなると
ある程度の基本ができている子には
ぶっちゃけそんなに先生が教えることって
無いんです。

授業で私が何をしたかというと
学校のテストに必要なことを明らかにし
覚えるべきことを提示し
覚えたことのチェックをし
どのように勉強すればいいか示し
長文を一緒にいくつも読み
知らないことがあれば、
それを補う参考書のページを見せました。

(ある程度のレベルになると
英語は習うものではなく
自習できるのです。
他の科目も同じかな?)

だから私が教えたことと言えば、
「英語を教えた」というよりは
「勉強の仕方、向き合い方を教えた」に近いです。

あとはほとんど
彼女が自分で自分をコントロールし
やるべきことを実行したことで
彼女のテストの点はどんどん上がりました。

20年、教える仕事をしています。
人が大きく成長する瞬間を見てきました。
そう頻繁ではありませんが...。

彼らに共通すると感じるのは
それがまだ若い中学生であるとしても
自分軸がしっかり定まったときに躍進していく
ということです。

そういう子・人は
どんどん自分の足で進んでいきます。

私がやることは
霧が深くなったら灯台に灯をともし
つまづきそうになったら支えて
一人で歩けるまで一緒に歩いていくこと。

英語の授業も歌のレッスンも
そんなふうにして
生徒さんと関わっていきたいと
思っています。

ではまた!

-----------------------------------------
★リベルティングコースと洋楽発音コース
・ベルティング習得したい方
・歌に本気で取り組みたい方

★LINE公式アカウント
・登録特典(発音ビデオ)
・LINEからお問い合わせ可能
・お役立ち週1コラムLINE Tuesday
-----------------------------------------
リベルティング発声法日本公式ライセンシー
ベルティングボイストレーナー
Chiiko

Sing with Chiiko
リベルティング発声法と洋楽発音トレーニング
REBELTING Method and English Pronunciation Training