2020/12/05

彼らが歌ウマなのは偶然でなく必然だ!



こんにちは、Chiikoです。

皆さんは、モノマネの番組って見たりします?

私はそんなに積極的に見ないのですが
ガチの職業モノマネ芸人/歌手さん
ガチのモノマネを見ると、
歌がとても上手だな~と感心することが多いです。

そこにお笑いの要素を混ぜる方も多いので
そっちに気を取られがちですが
聞いてると本当に素晴らしい歌声。

考えてみれば
彼らが歌ウマなのは当然っちゃ当然なのです。
どうしてだと思いますか?

モノマネの達者な方は
ざっくり言うとこんな方です。

①音を聞く能力が高い
②色々な声の出し方ができる

で、これは、
モノマネが上手い人の条件でもあり
歌がうまい人の必須条件でもあるんですよ。

①音を聞く能力が高い

モノマネをする人は
オリジナルの声をどう聞いているでしょう?
ただ声質が似ている、とか
歌い方の癖が似ている、とかだけでなく
きっと普通の人が気づかず
スルーしてしまうようなところに
「その人らしさ」を見出して
それを真似ようとするんですよね。

音を聞いて、分析する能力。

これは自分がシンガーとして歌うときにも大切です。

例えば、ただただ機械で作った声に
メロディーと言葉を当てはめて作る歌と
人が人を感動させる歌声との違いはどこか?
その聞き分けと分析ができると
一本調子の歌や、単調で素人っぽい歌から
脱却していけます。

歌唱や発声のレベルが上がらない人は
自分が「上手に歌うこと」だけにフォーカスして
この「聞く耳」が育っていないことが多いです。

自分の耳を育てること=歌ウマへの第一歩!

モノマネ歌手になったつもりで
憧れの歌手と自分の何が違っているか
よく聞き、分析して取り込むといいですね!


②色々な声の出し方ができる

モノマネの方にも種類があって
「色々な人のマネをする」タイプと
「1人のマネを極める」タイプと
いると思うのですが

前者の、色々な人のマネタイプの方は
発声の特級名人と言えますね。

例えば、ものまね王座決定戦で優勝した
松浦航大さん。


どれもとてもよく似ていてすごい!
特徴を捉えているだけでなく
全然違う声をしっかり似せています。

こういう方は
とても柔軟に声帯を動かせるんですよね。

それは高い低いだけでなく
厚い薄い、息多い息少ない、
様々な声帯の当て方・伸ばし方を作る
複雑なコントロールができる証拠。

モノマネ歌手になりたいわけじゃなくても
この声帯のコントロールは
シンガーにとってとても重要なスキルです。

聞く耳が育って「こう歌いたい!」と思っても
それを実現する術を知らなければ
自分で歌うことはできませんよね。

①と②の両方を併せ持つモノマネ歌手さんは
とっても歌ウマであることは必然なのです♪

じゃぁ私たちはどうしたら
彼らのような自在な声の使い手になれるでしょう?

それを習得するのが
ボイストレーニングなんですよ。

モノマネ芸人さんに弟子入りするのもひとつですが(笑)

ボイトレでは
発声をしっかりと基礎から鍛えます。

ボイトレに行ったことがない方は
色々な声の出し方があることを知るでしょう。
そして、どうすればどんな声になるか
トレーニングを通して覚えていきます。

また、自分の声と向き合い
声や音を聞きこんでいきますので
ひとりよがりに歌うのではなく
「聞く耳」をもつシンガーになります。

すると・・・

出したい声を出せるようになる!

声の世界の深さを知り、歌の世界が広がる!

シンガーとして一歩どころじゃない大きなステップアップ!

になると思いますよ♪

あなたの声を自在に操るスキルを
レッスンで身につけていきませんか?

じっくり習得したい方
➡コースレッスンがおすすめ

どのレッスンがいいかわからない方
➡まずオンラインカウンセリング

が、おすすめです。

詳細はコチラをご覧くださいね♪
↓↓↓
★リベルティングコースと洋楽発音コース
・ベルティング習得したい方
・歌に本気で取り組みたい方

★LINE公式アカウント
・登録特典(発音ビデオ)
・LINEからお問い合わせ可能
・お役立ち週1コラムLINE Tuesday
-----------------------------------------
リベルティング発声法日本公式ライセンシー
ベルティングボイストレーナー
Chiiko

Sing with Chiiko
リベルティング発声法と洋楽発音トレーニング
REBELTING Method and English Pronunciation Training