2021/01/17

自分に点をつけてみよう



こんにちは!
本気のあなたに本気で応えるトレーナー
Chiikoです♪

昨日は発音コースWeek 10の
課題の提出日でした。
コース開始前のWeek 0 のときと
同じ単語や文の読み上げをやって提出。

添削コメントをつけながら
Week 0 と Week 10 を比べて
本当に皆さんの進歩に驚きです!
まるで、別人の発音♪

で、ご自分のビデオを見比べて
何点から何点になったと思うか
教えてもらったんですね。


そしたらとっても点数UPしてました!
60点➡80点!とか85点!とか。

私はもっと上げてもいいんじゃない?
って思ったけど
まだ最終課題も残っているので
伸びしろだと思っておきますね!

皆さんは、自分のパフォーマンスを
見返すことはありますか?

変化を自分で評価したことはありますか?

ベルティングのほうも発音のほうも
コース生には「自分的に何点?」
ってときどき尋ねています。

コース序盤でそれをやると
「え~、まだ60点かな...」
「いやぁどうですかね、最初45点で今65点くらい?」
と、ちょっと謙虚というか
あまり点数を大幅に上げないんですが
コース終盤になると
自信をもって「80点!」「93点!」
って答えてくれる人が多いんですよ。

これって、もちろん
コースが進むにつれてできることも増えるし
実際にみんな上手くなっていくから、
というのもあるんですが

「自分に自信を持てるようになった」
「自分のパフォーマンスを
過小評価のバイアスをかけずに
ニュートラルに見れるようになった」
というのも絶対あると思うんです。

できない部分ばかり大きく捉えるのでなく
自分ができていることをしっかり認めて
よし!できてる!良い点あげられる!
って思えるのって、すごくいいですよね。


実は逆に、上手くなっているのに
点数UPができない人もいます。

これは「上達したから」こそ、
自分に点があげられない状態です。

どういうことか説明しますね。

例えばその人は最初の自分を
65点と考えたとしましょう。

しかし、その人は専門家から見ると
65点なんてとんでもない、25点の人なんです。

つまり、全然できてなさすぎて
何がダメなのかもわかっていない状態。
自分ができていないことにすら
気づいていない状態なので
自信をもって自分を65点と言えるんです。

で、そういう人が真面目に練習して
実際に上達するとどうなるでしょう?

何ができていないか、
何がダメなのかに、
気づけるようになるんです。

そうすると、自分を正当に評価できるようになるので

実際には25点➡70点でも
その人にとっては65点➡70点で
「練習したのに全然進歩してないじゃん」
と思い込んでしまうことがあります。

その状態でもう一度
最初の状態の記録を振り返ると
「あ!あれは65点じゃなくて25点だったな」
って、評価できるようになっていると思います。


「あ~頑張ってるのに
あんまり上手くなってないかも...」
って思うことがあったら
最初の自分を振り返ってみてください。
録画や録音があると
自分への信ぴょう性も増します。

あなたが正しい方法で真面目に取り組んでいれば
絶対に進歩しているはずです。

全然進んでいないようでも
振り返ってみたら、
スタート地点からずいぶん遠くまで来ていた...

そんな感じですよ、きっと!

それでは明日も練習頑張りましょう!

----------------------------------
レッスン受付中!

じっくり発声を習得したい方は
➡コースレッスン

英語発音の基礎を習得したい方は
➡洋楽発音基礎コース

どのレッスンがいいかわからない方は
➡カウンセリング

で、お待ちしております!
↓↓↓
★リベルティングコースと洋楽発音コース
・ベルティング習得したい方
・歌に本気で取り組みたい方

★LINE公式アカウント
・登録特典(発音ビデオ)
・LINEからお問い合わせ可能
・お役立ち週1コラムLINE Tuesday
-----------------------------------------
リベルティング発声法日本公式ライセンシー
ベルティングボイストレーナー
Chiiko

Sing with Chiiko
リベルティング発声法と洋楽発音トレーニング
REBELTING Method and English Pronunciation Training