2021/01/18

フェイクをかっこよく決めるには?



こんにちは!
本気のあなたに本気で応えるトレーナー
Chiikoです♪

「歌うま系」の歌手が
ウォゥウォウ~~とか
ヘェ~~イェィイェイェイ~とか
細かく自由な感じで音を動かすの
聞いたことがありますか?

日本では「フェイク」
英語では Riffs & Runs と言います。

あれができるとかっこいいですよね!
でも真似しようと思っても
なんか中途半端で決まらない・・・

今日はそんなフェイクの練習方法
シェアしたいと思います。
実はね、今日のレッスンでちょうど
そういうことをやっていたんです。


私にとってRiffs and Runs と言えば
やはり洋楽のDIVA系の人たちですね!

ホイットニー、マライア、
ビヨンセ、クリスティーナ...

彼女たちはことあるごとに
素のメロディーをアレンジしたり
合間にフウゥ~~とかイェ~~って挟んだり
超絶riffs and runs を入れてきたりします。

「私もやってみよう~」と思って
マネをしても「何か違う...」となるのは
次のような原因があります。

まず『音がハマっていない』

すごく細かく動いているようでも
実は1つ1つの音程がピタリと合うのがプロ。
どんなに速くても、音の階段を
踏み外さずに昇り降りするんです。
ですから、細かく音を動かしても
音がハマっていないと
ただ坂を転がり落ちるような印象で
音階が見えてこないんですね。


次に『リズムがハマっていない』

これも音程と同じで
フェイクって自由にやっているようで
実はリズムを非常に細かくとっています。
これも、拍子に合わないことをやると
慌てすぎて聞こえたり
追いついていないように聞こえたりします。
ただ、リズムは若干揺らすことで
グルーヴを出すこともあるので
1,2,3,4にぴったりハマらないほうが
かっこいいこともあって
ちょっとそこが上級テクニックですね!


そして『スキャットがハマっていない』

フェイクは日本語や英語の単語ではなく
イェ~とかウォウ~のような言葉を
言いながら歌うことが多いです。
単純なものならいいんですが
上手いプロのものを聞くと
イェ~とウォゥを組み合わせたり
ウィ~とかア~とか言ったり、
けっこう絶妙なスキャットをしています。
これもいかにも日本人的な
「イエィイェイイェイ~」だと
かっこうがつかないことが多いです。


では、皆さんがフェイクをバシっと決めるには
どのような練習をすればいいでしょうか?

3つのステップでご紹介しますね。

ステップ1:聞き取る

いきなりオリジナルではなく
まずはカバーからいくといいです。
真似しようと思うフェイクを用意して
ひたすら聞き取ります。

音の上がり下がり、リズム、言葉、
これを完コピしていくのです。

もちろんテンポが速いときは
ゆ~~~っくりに変えて聞き取ってOK。
とにかく妥協せずしっかり聞いてくださいね。

ステップ2:短く切って練習する

いきなり長いフェイクをやるのは難しいので
長い場合は短く切ります。
1拍とか2拍とか、そんな単位でいいので
とにかく細かく聞き取ったものを
細かく練習していきましょう。

その際、最初からオリジナルのテンポではなく
ゆっくりゆっくり正確にやっていきます。
音程、リズム、スキャットを
丁寧にゆっくりトレースしてください。

このステップ1とステップ2で
妥協しないこと!


ステップ3:徐々にテンポUP

ゆっくりできるようになったら
徐々にテンポを上げてみましょう。
ゆっくりからしっかり練習しておくと
ただ真似していた時に比べて
各段に音程やリズムが良くなって
かっこよく決まるはずです♪

いかがでしたか?

まずはプロのコピーから始めて
いくつもコピーを重ねていくと
自分の中に「フレーズ集」がたまってきます。
これを自分なりに組み合わせたり
違う曲で使ってみたりすると
あなたのriffs and runsができますね!

ぜひやってみてください♪

それではまた!
----------------------------------
レッスン受付中!

じっくり発声を習得したい方は
➡コースレッスン

英語発音の基礎を習得したい方は
➡洋楽発音基礎コース

どのレッスンがいいかわからない方は
➡カウンセリング

で、お待ちしております!
↓↓↓
★リベルティングコースと洋楽発音コース
・ベルティング習得したい方
・歌に本気で取り組みたい方

★LINE公式アカウント
・登録特典(発音ビデオ)
・LINEからお問い合わせ可能
・お役立ち週1コラムLINE Tuesday
-----------------------------------------
リベルティング発声法日本公式ライセンシー
ベルティングボイストレーナー
Chiiko

Sing with Chiiko
リベルティング発声法と洋楽発音トレーニング
REBELTING Method and English Pronunciation Training