2021/01/23

最後まで歌いきれ!”歌唱体力”を作る4つのポイント



こんにちは!
本気のあなたに本気で応えるトレーナー
Chiikoです♪

「曲の最後になるとヘロヘロで歌えない」
と思ったことはありませんか?

実は、初回レッスンでほとんどの方が
この悩みを口にするんです。
中には最後まで歌いきれずに
大サビの途中で力尽きてしまう方もいます。

でもね、安心してください。
レッスンを受けて数か月で
皆さん歌いきれるようになっています。

ということで、今日は
最後まで歌えない原因と対処法について
書いていこうと思います♪


「最後まで歌いきれない」と言う人は
だいたい”歌唱体力”の必要な曲を持ってきます。

歌唱体力は、
とてもパワーのいる壮大な曲や
高音の続くアップテンポの曲など
いわゆる「大曲」と「難曲」を
歌いこなすのに必要な力。

皆さんがベルティングボイスを使って
歌いたいと思うような曲は
パワフルで難しそうな歌が多いので
この”歌唱体力”が必要なことが多いですね。

そう、生徒さんが持ってくる曲は
だいたいそういう曲なんです。

しかし、初回レッスンの段階では
生徒さんにはその体力がありません。
ですから最後まで歌えずに
ヘロヘロになって力尽きるんです。

では、この”歌唱体力”は具体的に
どういったものでしょうか。

歌唱体力を4つの要素で表してみました。

①楽な発声で歌う力

過度な力をかけて歌っていると
それだけ声帯やそれを使う筋肉に
負担がかかっているので
歌いきる前に声帯が疲れてしまい
コントロールが効かなくなります。

喉が脱力した状態が必要ですが
パワフルな印象の曲では
力んでしまう人が多いですね。

【対処法】
喉の力みなくパワフルに歌うには
正しいベルティング発声
習得することが第一です。


② 声の自由度(ワンボイス)

発声練習と違って歌は
複雑なメロディに言葉をのせて歌います。
それだけ難易度は上がります。

歌の中では、全てをベルトするわけではありません、
メロディの高低などに応じて
ベルトからミックス、ミックスからヘッド、
などと素早く切り替えていくことも必要になります。

その声の自由度が低いと
無理な歌い方を続けることになり
それだけ体力が削られます。

特にベルト⇔ミックス間
サビではよく使う部分になるので
ここが自由に出せると強いですね。

【対処法】
ベルティングを習得したら
少しずつ地声を手放すミックスボイスも
しっかり習得していきましょう。
ベルトーミックスーヘッドが
1つにつながっていくのが理想的。

声のコントロールが効くことは
それだけ歌唱体力の温存につながります。


③ 曲を通してのコントロール

ベルトを多用する曲は
パワフルな印象が強烈にあるために
最初からエンジン全開で歌う人が
とても多いです。

最後まで歌うことを想定して
少し温存しながら歌うことが必要ですね。

簡単そうに思うかもしれませんが
「この曲はこう歌う」と思う脳を書き換えるのは
実は思ったより大変なんです。

「え?こんな抜いて歌っていいの?」
「わたし声小さすぎてませんか?」
そんなふうに疑ってしまう人がほとんど。

でも多くの場合は、大丈夫なんです。
今までの自分の常識を覆すので
なかなかそれが信じきれないんですよね。

【対処法】
Aメロは70%で、1サビは90%で、
などとだいたい計画しておきます。
また、録音を通して
実はしっかり声が出ていることを感じ
自分の脳を納得させましょう。


④ 本当に体のスタミナをつける

歌うという行為は体を使うので
運動の1つとも言えます。

ですから、やはり単純にスタミナがないと
大きな曲は歌いきれないのも当たり前ですよね。

また、普段から声帯を健康に保つことも
歌い手としては最低限の努力と言えます。

【対処法】
体力をつけましょう(笑)
あとは、息を過剰に吐きすぎると
声帯も疲労しますし、自分も疲労します。
前のめりに強い呼気を伴って
歌わないようにしましょう。


いかがでしたか?
”歌唱体力”を構成する4つのポイント。

私の生徒さんは、
初回レッスンではヘロヘロになった歌も
数か月でしっかり最後まで歌う力がついています。

コースレッスンでは
ベルト習得から始め、
途中からミックスの開発
さらに思い込みを取っ払って
脳を書き換える作業を何度も行うので
上にあげた4つのポイントが向上し
充分な歌唱体力がついていきます。

今日もね、コース後半の生徒さんが
「これ前だったら最後まで歌えなかったです」
という曲を、しっかり最後まで歌いきり
細かいボーカルコーチングに時間を使えました。

もちろん1日、2日では叶いません。
皆さん少しずつ進歩していってます。
気づいたときには、
以前できなかったことが
すっとできるようになっているんですよ。

皆さんも「この曲は無理!」と諦めず
歌える喜びを手にしていきませんか?

付け焼刃のボーカルテクでなく
じっくり着実に実力をつけたい皆さん、
コースレッスンでお待ちしております♪
----------------------------------
レッスン受付中!

じっくり発声を習得したい方は
➡コースレッスン

英語発音の基礎を習得したい方は
➡洋楽発音基礎コース

どのレッスンがいいかわからない方は
➡カウンセリング

で、お待ちしております!
↓↓↓
★リベルティングコースと洋楽発音コース
・ベルティング習得したい方
・歌に本気で取り組みたい方

★LINE公式アカウント
・登録特典(発音ビデオ)
・LINEからお問い合わせ可能
・お役立ち週1コラムLINE Tuesday
-----------------------------------------
リベルティング発声法日本公式ライセンシー
ベルティングボイストレーナー
Chiiko

Sing with Chiiko
リベルティング発声法と洋楽発音トレーニング
REBELTING Method and English Pronunciation Training