2021/01/24

ゴスペルは高い!でも強い!日本人には歌えない?



こんにちは!
本気のあなたに本気で応えるトレーナー
Chiikoです♪

3か月間、発音漬けになるコース
【洋楽発音基礎コース】は2月7日開講予定

それに伴い来週からWeek 0 という
準備期間が始まりますので
受講をお考えの方はお急ぎくださいね!

洋楽発音コースのページを新しく作りました。
私の体験談や過去の受講生の声も載せています。
ぜひ一度ご覧くださいね。
>>コチラ

さて、今日はゴスペルの練習をしてきました。


こんなご時世ではありますが
しっかりと消毒・換気をしながら
2月のオンラインイベントに向けて
練習をしています。

日本でゴスペルっていうと
アメリカで歌われるゴスペル曲のカバーを
することが多いです。
(日本語でオリジナルゴスペルを歌われる方々もいます)

ノリノリなブラックチャーチ系の歌だと
全体的に音が高いんですよね。

女性でソプラノならE5当たりで
力強くサビを歌うのなんてザラです。
男性でもテナーならA4も普通です。

ですが、日本人って
そのあたりを力強く出すことに
全くと言っていいほど慣れていません。

学校で習うようなコーラスでは
そのあたりはほぼ裏声・ヘッドボイスが
推奨されて教えられています。

別にね、
ゴスペルは裏声じゃダメとか
ヘッドボイスではダメとか
そういうことではないんですよ。

どんな声で歌ったって
ゴスペルの精神があれば良いと思います。

ただ、音楽的な完成度から言うと
やはり地声の響きがあるゴスペルは
「かっこいい!」「迫力ある!」
という印象を持ってもらえます。

Tasha CobbsとかTamela Mannとか
あのパワフルな高音は強烈ですよね!

私ももともとは
ゴスペルを迫力ある声で歌いたくて
ベルティングとChico先生にたどり着いたんですよ。

それまでは裏声やヘッドに逃げていた部分を
ベルティングを習得した今は
地声の響きで歌うことができています。

また、実はゴスペル仲間の一人が
私のレッスンを受けてくれたのですが
コースを受けてから
高音の解決の仕方がガラリと変わりました。

今日も「ここ高いと思ったんだけど、こうすれば出たわ!」
と、難所を自己解決していました。

これは、コースで得た知識から
ただ対処法を知っているだけでなく
トレーニングを積むことで
彼女にそれを実行する力がついたからこそ
できたことだと思います。

それが、YouTubeを見て終わる人と
実際にトレーニングを積んだ人の差ですね。

ちょっとキツい言い方になっちゃいますが
本当にそうなんですよ。

ベルティングも洋楽発音も
ただ「やり方を知る」だけで済むなら
いくらでもマニュアルを書いて売ります(笑)

でも実際それだけでは
ベルティングも発音もできるようにならない。

実際に集中的にトレーニングすること
習得には不可欠なのです。

私はそのトレーニングを含めて
コースとして提供しています。

Tips動画で習得できるようなことは
そちらの方々にお任せするとして...

私のトレーニングを実践して
本当の力をつけたい人
ぜひご連絡くださいね!
↓ ↓ ↓
----------------------------------
レッスン受付中!

じっくり発声を習得したい方は
➡コースレッスン

英語発音の基礎を習得したい方は
➡洋楽発音基礎コース

どのレッスンがいいかわからない方は
➡カウンセリング

で、お待ちしております!
↓↓↓
★リベルティングコースと洋楽発音コース
・ベルティング習得したい方
・歌に本気で取り組みたい方

★LINE公式アカウント
・登録特典(発音ビデオ)
・LINEからお問い合わせ可能
・お役立ち週1コラムLINE Tuesday
-----------------------------------------
リベルティング発声法日本公式ライセンシー
ベルティングボイストレーナー
Chiiko

Sing with Chiiko
リベルティング発声法と洋楽発音トレーニング
REBELTING Method and English Pronunciation Training