2021/01/05

自分と何が違う?プロの歌がなぜ素敵なのか



こんにちは!
本気のあなたに本気で応えるトレーナー
Chiikoです♪

プロの歌と自分の歌を比べて
「う~ん、何かが違う...」と
悩んだことはありますか?

メロディー通りに歌っているのに
自分はなぜ素人丸出しで
プロはなぜプロっぽいのだろう?と。

歌の上手い人や優れたシンガーの歌が
なぜ素敵に思えるのか...

実はそこには
「ファッション」との共通点
あると思うんです。


歌の上手い人とかプロって
「独特の歌い方の癖」
あると思いませんか?

「その人だけの空気感」みたいなもの。
「スタイル」「個性」とも言うかな。

ただメロディーにそって歌う、
というのとは一線を画す
「これぞ玄人!」という歌い方。

その癖が顕著な人は
例えば桑田佳祐さんとか
鬼束ちひろさんとか
いわゆるモノマネされやすい人ですが
そこまでハッキリしなくても
あいみょんさんは、あいみょんさんだし
菅田将暉さんは菅田将暉さんの
歌い方をしています。

あなたには、そういった
「自分の歌い方」がありますか?

これは「歌い方に癖をつけろ」
という話ではないんですよ。


ファッションで考えてみましょう。

「その人らしい恰好」ができる人って
素敵に見えませんか?

それは奇抜な服装に限らず
上質で洗練された服かもしれないし
シンプルで機能的な服かもしれない。

とにかく、その人と服がマッチして
コーデを見ただけで
「あ~!○○さんぽいね!」
と言われるような感じ。

歌の上手い人の歌い方って
それと共通する部分があると思うんです。

「私にはそんなものないわ・・・」
って、自信をなくす方もいるかもしれません。

でも、こう思ってみてください。

ファッションだって
最初は素敵だな~と思う人の
「真似」から入りますよね。
同じアイテムをそろえたり
雑誌を参考に真似したり。

それが似合わなければ
別のスタイルに行くだろうし
それが気に入って繰り返すうちに
ただの真似ではなくて
自分なりの「個性」も出てきます。

この「個性」が出てきた状態が
「あなただけのファッション」
になります。

それはとてもあなたに似合っていて
自分自身でも自然に着こなせるはず。


歌も同じように
最初は真似でいいと思うんです。
こういう歌い方いいな~
こういう息の使い方いいな~
そこから入っていいと思います。

で、だんだん洗練されていって
自分なりの「色」が出てきます。

中には「無個性がオレの個性!」
という方もいるかもしれません(笑)

まずは真似から入って
真似から抜け出して
自分のスタイルが生まれたら
あなたはシンガーになったということ。

ただのモノマネで終わらない
あなただけの歌を見つけてくださいね。

ここでひとつ、怖い話をしましょう。

TVでもよく見る某男性グループ。
そのボーカルの方はおそらく
先輩の上手い歌手の真似を身につけました。
でもその歌い方は彼には合っておらず
以前の自然な歌い方を失ってしまい
最近TVで見たときには
「え?どうしたの?これがプロ?」と
疑いたくなるような歌唱でした。

真似をして自分の声を見失うと
そのような悲劇にも陥ります。
皆さんはそうならないでくださいね。
自分の声をしっかり見つけてください。

ベルティングの練習をすると
自分の「本当の声」と向き合います。
「自分だけのスタイル」を見つけるのには
必須の作業になってくると思います。

本物のシンガーになりたい!
自分だけの歌を見つけたい!という方は
ぜひレッスンへお越しくださいね。

----------------------------------
レッスン受付中!

じっくり発声を習得したい方は
➡コースレッスン

どのレッスンがいいかわからない方は
➡カウンセリング

で、お待ちしております!
↓↓↓
★リベルティングコースと洋楽発音コース
・ベルティング習得したい方
・歌に本気で取り組みたい方

★LINE公式アカウント
・登録特典(発音ビデオ)
・LINEからお問い合わせ可能
・お役立ち週1コラムLINE Tuesday
-----------------------------------------
リベルティング発声法日本公式ライセンシー
ベルティングボイストレーナー
Chiiko

Sing with Chiiko
リベルティング発声法と洋楽発音トレーニング
REBELTING Method and English Pronunciation Training