2021/01/08

高音が苦手!な人の改善ヒント【5項目チェック】



こんにちは!Chiikoです。
本気のあなたに本気で応えます♪

低音と同じような感覚で
そのまま高音を出そうとすると
何か天井にぶつかったように
音が上がらなくなって苦しくなる、
そんな悩みはありませんか?

そこからどうにか高音を出そうとすると
首を絞められたような声になるか
スカスカの裏声になるか...

心当たりのある方は
ぜひ次の項目をチェックしてください。
改善のヒントになるかもしれません♪


(1)高音は難しい!と思っていないか?

気持ちの問題かよ!って思いましたか?
でも、これを1つ目に挙げるぐらい
実は大事なことなんですよ。

「高音くるぞ...」「頑張らなきゃ」
「喉をこうして、姿勢はこうで...」
そんなふうに考えていること自体が
実は体に緊張をもたらし
スムーズな発声を妨げてしまいます。

例えば、大勢の前で話すときって
体が勝手に緊張して
いつのもの声で話せなかったり
普段の話し方ができなかったりしませんか?

心の在り方って、
意思ではコントロールできないくらい
勝手に体を動かしてしまうんです。


(2)話し声で高音に持っていけるか?

驚いて「え~!?」と語尾を上げる声。
この語尾を上げていけますか?

途中で裏声にするのではなく
最初に普通の声で「え~」と言ったときと
同じ感覚のまま上げていけますか?

これが低い位置で止まってしまう人は
高音=喉頭を上げて締める、
という発声になっています。
発声の基本から立て直す必要ありです。


次はこの「え~!?」をやるときのチェック。
(3)高音になるほど声は大きくなっていないか?

高音になるほど声量が上がる人は
かなり無理をして出しています。

普通に話す感覚だと
高音になると声が小さくなります。
ここで大きくなってしまう人は
無理に呼気を増やして
喉の前側に力をかけて
喉締め発声につながっています。

カラオケなどに行くと、
声帯を傷めてしまうことが
多いのではないでしょうか?


(4)高音にできるが途中で声がスカッと抜けていないか?

これも「え~?!」のときの話。
無理なく上げられた感じがしても
裏声にすぐ抜けてしまう人は
(あるいは最初から裏声の人)
高音をパワフルに出すのが苦手な人ですね。

声帯を閉じたままの
地声発声をキープできないのは
ひとつはその筋肉が弱いから。
よって、そこを鍛える練習が必要です。

あとは、裏声に抜かなくても
高音が歌えることを信じていない人。
私はこのタイプでしたね。
でも、実際にそれは可能なんですよ。
それを心から信じないとその声は出ません。


(5)歌になるとできない?

「え~!?」や発声練習だとできるのに
歌だと高音で地声の響きが出せない。
そういう人もいると思います。

ボイトレをやっていても
この壁には何度もぶつかります。

それは、「歌おう」としているから。
「話す」は無意識にできる発声です。
それを「歌う」に変えただけで
私たちはそれを意識してしまいます。

この意識を変えていくことは
何かを1回練習したぐらいでは不可能。
トレーニングを繰り返し繰り返し行う中で
だんだんとそれが当たり前の普通のことに
なっていくんです。


さて、5つの項目
皆さんは当てはまるものがありましたか?

発声に悩みを抱える人は
何かしらの「ブロック」があります。

先ほどの5項目も
ブロックに関するチェックでした。

高音は難しい、頑張らないと出ない。
高い音は地声の響きで出せるわけない。
歌は「歌わなければ」いけない。

このような「~できない」「~しなければ」
というブロックが
あなたの発声を邪魔しています。

これを外していくことが何より大切。

「できない」ではなく「できる」に変える。
ただその意識の変化だけで
声はとんでもなく自由になります。

もちろんそこにはトレーニングが必要。
ただ「私はできる、私はできる」と
自己催眠をかけるだけではダメです。

あなたの中には素晴らしい声が眠っています。

それを疑わず、心から信じて
どれだけ真摯に練習していけるか。
ここが最も大切ですね!

そして気づいたときには
「私はできる」に変わっているはず。

変わりたい人は、ぜひレッスンにいらしてください。
本気の方を、お待ちしています!

----------------------------------
レッスン受付中!

じっくり発声を習得したい方は
➡コースレッスン

英語発音の基礎を習得したい方は
➡洋楽発音基礎コース

どのレッスンがいいかわからない方は
➡カウンセリング

で、お待ちしております!
↓↓↓
★リベルティングコースと洋楽発音コース
・ベルティング習得したい方
・歌に本気で取り組みたい方

★LINE公式アカウント
・登録特典(発音ビデオ)
・LINEからお問い合わせ可能
・お役立ち週1コラムLINE Tuesday
-----------------------------------------
リベルティング発声法日本公式ライセンシー
ベルティングボイストレーナー
Chiiko

Sing with Chiiko
リベルティング発声法と洋楽発音トレーニング
REBELTING Method and English Pronunciation Training