2021/03/19

ただ歌っても歌は上手くなりません!必要な練習とは?



こんにちは!
本気のあなたに本気で応えるトレーナー
Chiikoです♪

歌が上手くなりたーい!!と思って
色々と方法を探していますか?

そんなあなたに、1つ良いことを教えます!

歌を歌う練習ばかりしていても
歌は上手くなりません!!

「知ってるし!」という方は
すでにボイストレーニングを始めているか
何かを習得した経験のある方でしょう。

歌が上手くなるのに必要な練習について
今日は書いていこうと思います♪


「上手いって何か」という話は
ちょっとここでは置いておきまして
多くの人が「上手いな~と感じるレベル」
としておきましょう。


歌が上手くなるためにする練習...

まず第一に行うべきなのは
「発声練習」です。

発声練習と一言で言っても
かなりの種類ややり方がありますが

ともかく、

歌を歌うのではなく
発声にフォーカスした
地道なトレーニングが必要です。

発声が整っていなければ
ビブラートや歌いまわしのテクニックを
上手く実行することはできません。

まずは基礎!

これは何にでも言えることかなと思います。

そして、この発声のトレーニングは
本当に地道に行っていかなければいけません。

1日や2日、頑張ったって駄目。

例えば
最近トレーニングを始めた生徒さんの中に
リップロールが上手くできない方が
2人いたのですが

彼女たちも日々の練習の中で
リップロールが日に日に進歩しています。

リップロールが上手くなったからと言って
すぐに歌が上手になるわけではありませんが
そのための一歩前進は確実にしています。

また、別の生徒さんの話ですが
4か月前は1曲歌いきれなかった曲も
発声練習を重ねていくことで
声のコントロールができるようになり
最後までしっかり歌いきれるよになりました。

今はより高難度の技術を身につけようと
発声の練習を重ねています。


カラオケ番組や採点マシーンの影響、
そしてYouTubeでの
お手軽な歌い方指南動画の流行で

どうしても、「ビブラート」などの
歌い方の技術に目がいきがちですが

本当に大切なのは、発声です。

歌を何度通して歌ったとしても
細かいボーカルテクニックを習っても
なかなか発声自体は改善されません

まずは発声練習をしっかりと行い
思う通りに声を出す土台を
作っていただければと思います。

地味な練習です。
本当にうまくなっているか
不安になることもあるでしょう。

でも、ここを疎かにして
前に進むことは無いと思ってくださいね。

私のレッスンでは
どのような発声練習を行えばいいか
具体的にしっかり指導します。

また、コース受講者の場合は
日々進捗状況や録画を送っていただき
私から逐一アドバイス等の
フィードバックを返しています。

こうすること、効率よく着実に
発声を整えていけるんですよ!

私のレッスンに興味のある方は
↓下記↓をご覧ください!
----------------------------------
ただいまレッスン受付中!

じっくり発声を習得したい方は
➡リベルティングコースレッスン

英語発音の基礎を習得したい方は
➡洋楽発音基礎コース

どのレッスンがいいかわからない方は
➡カウンセリング

で、お待ちしております!
↓↓↓
★リベルティングコースと洋楽発音コース
・ベルティング習得したい方
・歌に本気で取り組みたい方

★LINE公式アカウント
・登録特典(発音ビデオ)
・LINEからお問い合わせ可能
・お役立ち週1コラムLINE Tuesday
-----------------------------------------
リベルティング発声法日本公式ライセンシー
ベルティングボイストレーナー
Chiiko

Sing with Chiiko
リベルティング発声法と洋楽発音トレーニング
REBELTING Method and English Pronunciation Training