2021/03/23

うるさい・疲れる歌声の原因



こんにちは!
本気のあなたに本気で応えるトレーナー
Chiikoです♪

誰かの歌を聞いて
「うるさいな」と思ったことは
ありますか?

この「うるさいな」は
音量のことではありません。
音量が普通でもうるさく感じる...

あるいは、聞いていて
「あー、耳が疲れる」っていう感じ。

これには理由があります。
今回は「うるさい歌」について
書いていこうと思います。


子供のころ、国語の時間に
教科書の朗読をしましたよね。

低学年のころは
とにかく元気いっぱいに
声を出して読んでいましたよね。

でもだんだんと成長するにつれて
読むのが上手な子たちが出てきます。

ただ声を出して読むのではなく
読み方に緩急をつけ始めるんです。

声の大きさ、読むスピード
高さ低さの抑揚など...

小さい子供ならまだかわいくて
いいかもしれませんが
大人が同じように
低学年の朗読のような感じで
朗読をしていたらどうでしょう?

「う、うるさい」「耳が疲れる」
って思いませんか?

歌も同じように考えてみましょう。

最初から最後まで
ただただ声を張って歌ったり
大きな声が出せるからといって
ずっと大きな声で歌ったり

そういう歌はきっと
「耳が疲れる...」
「なんかうるさい...」
と感じさせてしまいます。

プロでもいます。

「歌うま」とされている歌手でも
1曲聞くともうお腹いっぱいで
アルバム通しで聞くと
「あーもう耳休憩したい!」
となる人とか。
名前は挙げないけど(笑)

みんなもそんな経験ありますよね?

聞いていて心地いい歌や
良い気分になる歌や
感動してしまう歌は
低学年の朗読ではありません。

緩急がしっかりついています。

メロディの動きだけでなく
自身の歌声に緩急があり
聞いていて飽きないんです。

これは計算して出せる部分と
計算なんかしないで出る部分があります。

どちらもできると強いですね。

「私の歌声って
もしかしてうるさいのかな?」
と思った方は
一度ご相談くださいね。

レッスンを受ける前に
カウンセリングでお話することができます。
初回は30分無料です。

興味のある人はご連絡くださいね!

↓下記↓からどうぞ!
----------------------------------
ただいまレッスン受付中!

じっくり発声を習得したい方は
➡リベルティングコースレッスン

英語発音の基礎を習得したい方は
➡洋楽発音基礎コース

どのレッスンがいいかわからない方は
➡カウンセリング

で、お待ちしております!
↓↓↓
★リベルティングコースと洋楽発音コース
・ベルティング習得したい方
・歌に本気で取り組みたい方

★LINE公式アカウント
・登録特典(発音ビデオ)
・LINEからお問い合わせ可能
・お役立ち週1コラムLINE Tuesday
-----------------------------------------
リベルティング発声法日本公式ライセンシー
ベルティングボイストレーナー
Chiiko

Sing with Chiiko
リベルティング発声法と洋楽発音トレーニング
REBELTING Method and English Pronunciation Training