2021/04/08

ワンボイス習得すると人はどうなるか



こんにちは!
本気のあなたに本気で応えるトレーナー
Chiikoです♪

昨夜YouTubeに動画UPしました!
よかったら見てみてくださいね!

さて♪昨夜はChico先生の
インスタライブもありましたね!
「ワンボイスと発声の習得」という
テーマだったはずが・・・
なぜか後半「エロス」の話に(笑)

あくまで真面目に!!
発声とエロスの話です。
気になる人はアーカイブ←ご覧ください。

で、そのライブで出た別の話について
今日は書いてみようと思います。


そう、インプットしたら即アウトプットよ(笑)
これ、学びの鉄則なんですよ。
皆さんも何かインプットしたら
必ずアウトプットしていきましょう♪
(気づいてた?このブログ、私のアウトプットの場なんです!)

で、えーと何の話かと言いますと。

ライブの最初のほう5分ぐらいかな?
ワンボイスの説明のあと

発声に悩む人や
ボイストレーニングしたい人が陥る
大きな落とし穴、として

「ひとつの声を習得することに固執してしまう」
「ミックスボイスはいやだ、と敵視してしまう」
「裏声を使ったら負けだ」←Chico先生自身の経験

そんな考えになってしまうことがある。

そうではなく

「すべての声を受け入れていこう」
「ベルティング習得には自分の全ての声の要素が必要」

と、先生は言いました。

これね、めっちゃ真理なんですよ。

私自身の経験で言うと
最初は「強い高音!力強い声!ベルティング!」
そればかり考えて
Chico先生のもとへ行きました。
ヘッドボイスや薄いミックスボイスに
嫌気がさしていたのです。

しかしコースが終わる頃には
もっと肩の力が抜けたというか、
どんな声も自分の声として受け入れて
歌で使っていきたいと
思えるようになったんですよ。

さらにね、
そう思えるようになってから
またベルティングのクオリティも
一段、二段と上がっていくように
なったんです。

コース最初のベルトと
今のベルトは全然違います。

今、私のコース受講中の生徒さんも
ちょうどタイムリーにそんな経験
されている方がいるんです。

その方は地声でワーっと歌うことには
抵抗がなくある程度自信もありました。
ですが、自分の裏声が好きではなく
苦手意識もあって鍛えてきませんでした。

「使っちゃダメ / 使いたくない」という意識
長い間支配されていたようです。

しかし、半年のコースの中で
地声のベルトから少しずつ
他の声への橋渡しを経験し
(けっこう紆余曲折ありつつも)
今は裏声を使うことを
自分の中で肯定的に見られるように
なったようなんですね!

そうすると何が起こるかというと

「毛嫌いしていた裏声も、ちゃんと鍛えれば使える」
「俄然自由度が増して、それが本当に気持ちいい」
「あぁ歌うのが楽しい」

そんなふうに思えるようになり・・・

そして裏声自体のクオリティも上がり
それが地声高音にも良い影響を与えています。
質の良いミックスボイスの習得にも
つながっていくでしょう。

ここまできたらもう
ワンボイスの完成形にも近いですね。

自分が「ダメ、間違い、嫌い」
と思っていた部分が
武器・魅力のひとつになったんです。

「この声はダメ」
「この声は使いたくない」
「私はあの声しか欲しくない」

そう思った時点で
声は不自由さを持ち始めますね。

「私は〇〇だからダメだ」
「私は〇〇できないんだ」
「私にぴったりなのは〇〇なんだ」

そういうふうに自分を制限することもまた
不自由を生んでいくのではないでしょうか。

自由な喉と自由な声を持つために
自分自身への認識を変えていくことも
とても大切な気がします。

というわけで
インスタライブの感想もかねてお話しました!

皆さんも、インプットしたらアウトプット!
ライブやブログの感想、ぜひ聞かせてくださいね♪

それではまた!


----------------------------------
ただいまレッスン受付中!

じっくり発声を習得したい方は
➡リベルティングコースレッスン

英語発音の基礎を習得したい方は
➡洋楽発音基礎コース

どのレッスンがいいかわからない方は
➡カウンセリング

で、お待ちしております!
↓↓↓
★リベルティングコースと洋楽発音コース
・ベルティング習得したい方
・歌に本気で取り組みたい方

★LINE公式アカウント
・登録特典(発音ビデオ)
・LINEからお問い合わせ可能
・お役立ち週1コラムLINE Tuesday
-----------------------------------------
リベルティング発声法日本公式ライセンシー
ベルティングボイストレーナー
Chiiko

Sing with Chiiko
リベルティング発声法と洋楽発音トレーニング
REBELTING Method and English Pronunciation Training