2021/04/22

あなたがボイトレで損をしないために~日本のおかしなボイトレ~



こんにちは!
本気のあなたに本気で応えるトレーナー
Chiikoです♪

昨夜のChico先生のインスタライブ
ご覧になりましたか?神回でした!
ぜひ先生のアカウントから
アーカイブご覧くださいね!

そのお話でもあったように
個性・自分に対する
日米での受け止め方の違いは
ボイトレにも表れていると感じます。

今日は生徒さんやボイトレ経験者、
他のボイストレーナーさんから聞く
驚きの日本のボイトレの話
書いてみようかな。


(1)先生が怖い

昨日の配信でも話に出ましたが
「ボイトレの先生が怖い」というのは
珍しい話ではないようですね。

私はラッキーなことに
怖い思いは一切したことがありませんが
実際に話を聞いてみると

・怖い、威圧的
・イジワル、張り合ってくる
・無関心

こんな先生もいるようなんですね。

もちろん人と人のことですから
相性の合う・合わないもありますし
もしかしたら、無自覚だけど
先生にすごく失礼なことをして
怒らせていた、なんてことも
あるのかもしれません。

でもね...

声を出すトレーニングで
声がうまく出なくなるくらい
生徒が萎縮してしまうようなレッスン
ちょっとなぁ、と皆さん思いますよね。

私のレッスンは真剣ですが
怖い思いをすることは一切ないです。
(と、私は思ってます笑)

もちろん失礼な態度だったり
誠実さのない方には
私もそれ相応に対応するし
次のレッスンはお断りしますが。

私の周りの先生たちも
たぶん同じじゃないかな?
基本「愛」の人たちばかり♪

だから生徒さんから
「以前のボイトレの先生が怖くて」
などと話を聞くと驚いてしまいます。

先生のご機嫌とるために
ボイトレ行くんじゃなくってね。
あなた自身の歌を上手くするために
ボイトレ行くんだからね。

そこ、忘れないでくださいね。


(2)卒業させないボイトレのカラクリ

スクールの形式をとるボイトレや
期間の決まっていないボイトレに
よくあるかな~と思うのですが

生徒を卒業させないために
あれこれと策を講じるボイトレもあります。

例えば(1)のタイプの先生にも通じますが
「あなたは〇〇が全然できてない」
と、悪いところを指摘するだけで
解決方法をしっかり教えないで
生徒をズルズルと通わせ続けるんです。

「え?またダメって言われた!
やばい!レッスンに行かなきゃ!」
と、なっちゃいますよね。

でも行くたびにダメダメ言われて
解決策も教えてもらえないで
何十万、下手したら何百万
時間にして5年、10年通う人も
いるという話...

信じられない~!

スクール形式のボイトレは
長く通ってもらってナンボです。
英会話スクールと同じです。

「生徒を卒業させる」という概念が
そもそも無いんですよ。

私は生徒さんに
「もう卒業です!おめでとう!
調性が必要なときは、ぜひ
単発レッスンにいらしてくださいね」
と言って、コースを終えます。

昔から習ってて今さら辞めづらい?
昨日Chico先生も言ってましたよね。
「さよなら~」って言って
ぱっと辞めたらいいんです!(笑)

あなたはあなた自身のために歌いましょう!


(3)誰でもなれる、ボイストレーナー

ボイストレーナーって
国家資格でも何でもないので
何ならあなたも今日から
「ボイストレーナーです」と
名乗ることができる職業です。

私も20代のころ
あまり売れてない歌手だった友達に
「ボイストレーナーのバイト始めたの。
ちいこちゃんも歌うたえるから
すぐトレーナーになれると思うよ~
って言われたぐらいです。

私はそのころすでに
何年も英語を教えていて
人に教えることの大変さ
身に沁みて知っていたので

「いやいや、そんなすぐに誰でも
できるような仕事じゃないでしょう」

と返したのですが...

ほんと、そのぐらいの感覚の人も
いらっしゃるんでしょうね。

あとは、(1)にも書いた
イジワルしたり張り合ったりする先生。

生徒が自分より
上手くなるのがイヤな先生って
ほんとにいるんですね(笑)

そういう人は
「人に教える」職業向いてません。
先生としての資質が無いです。

だからこそ、
歌い手としての実力や
先生としての資質が
あるかどうかというのは
生徒さん側からもしっかり
チェックをして良いんですよ。

これは
大手スクールだから良いとか
個人だからダメとか
そういう基準ではありません。

あなた自身がどう感じるか
大切にしてください。

私の考えですが
何を教える場合にせよ
良い先生というのは
生徒との対話を怠らない人です。

一方的に自分を押し付け
生徒に何も言わせないのは
先生として怠慢です。

これは断言できます。

生徒がどんな状態でも
しっかりと話を聞いて、
誠意をもって返す、
これができる人が先生だし

私はそういう人でありたいと
英語の授業でも歌のレッスンでも
いつもそう心がけています。


もしそういう先生のもとで
実力を伸ばしていきたいとお考えなら
私のレッスンにぜひ来てくださいね!

それではまた!

----------------------------------
ただいまレッスン受付中!

じっくり発声を習得したい方は
➡リベルティングコースレッスン

英語発音の基礎を習得したい方は
➡洋楽発音基礎コース(まもなく4期募集開始!)

どのレッスンがいいかわからない方は
➡カウンセリング

で、お待ちしております!
↓↓↓
★リベルティングコースと洋楽発音コース
・ベルティング習得したい方
・歌に本気で取り組みたい方

★LINE公式アカウント
・登録特典(発音ビデオ)
・LINEからお問い合わせ可能
・お役立ち週1コラムLINE Tuesday
-----------------------------------------
リベルティング発声法日本公式ライセンシー
ベルティングボイストレーナー
Chiiko

Sing with Chiiko
リベルティング発声法と洋楽発音トレーニング
REBELTING Method and English Pronunciation Training